コピーライティングの秘訣大解剖

 

こんにちは、りょーたです。

 

 

本日2021年4月10日から始まりました

ライティング強化訓練1日目!

 

 

本日だけでもライティングスキルを上げる

学びがかなりあったので

シェアしていきます。

 

ここではコピーライティングを

うまく進めるコツを解説していきます。



 

改めて知る師匠の異次元的思考力

 

前の記事でもお話しましたが

師匠は10日間の強化訓練中、

毎日30このネタを考えて

動画でしゃべっていきます。

(前の記事はこちら↓)

 

 

そのしゃべりも自分の考えたネタについて

ただ話すのではなく、

以下の2点についてしっかり説明しています。

 

 

ネタが浮かんだ経緯

 

このネタを通じて何を伝えたいのか

 

 

この2点を

メルマガを作る僕たち企画参加者たちは

きちんと理解し、

自分なりにビジネスに絡めて

メルマガを作成するのです。

 

 

これを10日間続けたら

ライティング力が爆上がりすること

間違いないですね。

 

 

そして師匠はというと

 

本日中にネタを60こ考え、

30こ分の説明動画を作るとのこと。

 

 

やべ〜〜

異次元すぎる、、

 

 

師匠のネタを考える思考力、

それらを具体的に話す力、

そして動画にするスピード感に

圧倒されました。

 

 

それと同時に師匠の全てを

盗むくらいの気持ちで

この強化訓練に取り組もうと

改めて決心しました。

 

 

コピーライティングの難しさ

 

今日もっとも勉強になったことであり、

それと同時に難しく感じたことは

師匠の文章の書き方をまねることです。

 

 

いわゆるコピーライティングですね。

 

 

コピーライティングとは

まるで本人が書いたような

文章を書くことです。

 

 

ライティング強化学習で作るメルマガは

あくまで師匠のコンテンツ。

 

 

だから師匠が文章を作ったかのように

僕たち企画参加者はメルマガを

作らなくてはいけません。

 

 

この師匠の文章をまねるというのが

本当に難しい。

 

 

師匠の文章をまねるということは

以下の3点を意識する必要があります。

 

 

①文の改行、句読点の使い方、

言葉の使い方など

師匠が文章作成時のクセの理解

 

②師匠だったらこの内容については

どのような表現を使うかなと

師匠の考え方を予測する。

 

③このネタの意図はどこにあるのか

読者に何を伝えたいのか

そのネタの本質を見抜く。

 

 

とにかく

 

師匠だったらどうするか

 

を考えて考えて考え抜く必要があります。

 

 

それに加えて自分の文章のクセを理解する

必要もあります・

 

 

なぜならクセがでてしまったら

僕の文章になってしまうからです。

 

 

師匠の文章を

コピーライティングするという

本来の目的から外れてしまいます。

 

 

今日は

 

いかに師匠の文章に近づけられるかを

必死に考えた1日でした。

 

とにかくリサーチ。これ1択

 

ビジネスはリサーチで9割決まる

と言われるくらいリサーチが大切です。

 

 

今回行っているコピーライティングも

リサーチはとても大事。

 

 

師匠のブログやメルマガを

とにかく調べて読み込む。

 

 

そして師匠が自分に乗り移ったかのように

ネタを文章に落とし込んでいく。

 

 

これらができれば

コピーライティングはカンペキです。

 

 

2日目以降は

引き続き師匠を徹底的にリサーチし、

コピーライティングの質を上げていきます!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の無料メルマガでは

・ビジネス開始5ヶ月目で

60万円突破した

情報発信ビジネスのノウハウ

 

・忙しい会社員でも

効率よくビジネスを進める

スキマ時間活用方法

 

・数々の失敗から得た

ビジネス初心者がつまづくポイント

 

・お客さんから

「あなただから買いたい」

と言ってもらえる

ファンビジネスの原則

 

について発信しています。

 

 

メルマガに登録してくれた方には

 

初心者でも分かる

ビジネスの考え方や

収益化までの道筋をまとめた

3大特典を期間限定でプレゼント!

 

 

興味がある方は下の画像をクリックすると

登録ページに移ります。

 

 

 

3大特典の感想を一部載せますね。

 

 

※Ryoは僕りょーたの

前のペンネームです。

 

 

 

こちらはやりとりした

お客さんからの感想の一部です。

 

それではメルマガの中で

あなたとまたお会いできることを

楽しみにしています。(^ ^)

 

 

りょーた(Ryo)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です