1年で登録者200万人越え!人気YouTube THE FIRST TAKEがヒットした理由をマーケ視点から徹底解剖してみた

 

こんにちは、りょーたです。

 

 

今回は

YouTubeチャンネル設立わずか1年で

登録者200万人突破した

大人気音楽チャンネル

『THE FIRST TAKE』について

その人気を徹底分析してみました。

 

 

このブログを書いている時には登録者数は

なんと460万人を突破しています。

 

 

実際にどれほどの人気があるのか

グーグルトレンドから見てみると、

 

多少の変動はあるものの、

月によっては関心度が

100に到達している瞬間もあり、

非常に人気が高ことが分かります。

 

 

ちなみに初動画は、

上白石萌歌さんが

adieu(アデュー)としてデビューした

ナラタージュです。

 

 

この歌はRADWINPSのボーカル

野田洋次郎さんが作詞作曲を手がけています。

 

 

野田さんが作った曲なら

間違いないと思い、

聴いてみたら案の定

めちゃめちゃいい曲でした!

 

 

ワンコーラス聴いただけで

身体中鳥肌が立っちゃいました。笑

 

 

 

このままでは曲のことを語るだけで

一万文字くらいいきそうなので

このくらいにしておいて。。

 

 

ではでは早速解説していきます。

 

 

コンテンツのスタイルにあわせた集客

 

まずTHE FIRST TAKEの

話題性が上がった理由は

何よりSNSによる拡散です。

 

 

特にTikTokの存在が大きく、

動画に収められた曲に触れる機会を増やす

という意味で

大きな効果を生みました。

 

 

目的に応じて

どの媒体を使って集客するかは

ビジネスでも大事な要素の1つです。

 

 

例えば

僕が現在行っている情報発信ビジネスでは、

最終的なゴールとしては自動化。

 

 

集客も自動で行えるようにしたいため、

自動発信できるツイッターを

使っています。

 

 

他にはの媒体に関していうと、

例えば年齢層が高めの人に

アプローチしたければFacebook。

 

 

飲食店の食べ物の宣伝、

ファッションのように

視覚で訴求したければ

写真メインのインスタを使うなど、

 

目的に応じて使い分ける工夫が大事。

 

 

THE FIRST TAKEの場合は音楽がメイン。

 

 

だから音声や映像で訴求するTikTokは

効果的だったと言えます。

 

見ている人を巻き込む臨場感

 

THE FIRST TAKEの特徴といえば

なんと言っても

『全ての動画が一発どり』であること。

 

 

どんなに

キャリアが高いアーティストでも

ミスはつきもの。

 

 

歌詞が急に頭から飛んで

入りを間違えたり、

機材トラブルが起きたりなど

 

アクシデントが絶対にないとは

限りません。

 

 

THE FIRST TAKEは一発どりがモットーです。

 

 

どんなアクシデントが発生しようと

動画収録は止まらずに

最後まで進み続けます。

 

 

一発で決めなければいけない緊張感、

 

またアーティストの息遣いや

手に汗握る臨場感が

視聴者にリアルに伝わってきます。

 

初めから最後まで

1秒たりとも目が離せません。

 

 

これだけ臨場感が感じられると、

視聴者はコンテンツにのめり込みます。

 

 

この他人ごとではなく

自分のこととして考えてもらえるかどうかって

ビジネスでもとても大事。

 

 

人は一番興味があるのは自分です。

 

 

だからこそお客さんと話す時や

コンテンツから情報を伝えるときは

 

自分のこととして考えてもらえるように

誘導する、ひきこむ必要があります。

 

 

 

 

例えば育毛剤を20代の男性に

売りたいとします。

 

 

20代の男性のほとんどは

 

「自分が薄毛になるなんてありえない。」

 

「髪の毛に困り始めるのは

40代、50代になってからだ。」

 

と他人事に思います。

 

 

だけど早い人だと10代の高校生で

薄毛に悩み始める人もいます。

 

また近年は紫外線も強くなっているので、

頭皮へのダメージは昔より大きい。

 

だから若いからといって安心はできません。

 

もしかしたらあなたの頭皮は既に

手遅れかもしれません‥

 

なんて言われたら、

 

途端に他人事ではなく

自分ももしかしたらやばいかも、、

 

と考えるようになりますよね。

 

 

この薄毛の例えは

恐怖から自分のこととしてイメージしてもらい、

人を引き込んで行動させるという

 

購買意欲を高める流れです。

 

 

このように自分がビジネスをするときも、

常に相手は自分のこととして

考えてくれているかを意識しましょう。

シンプルにアーティストや曲のチョイスが豪華!

 

続いての魅力的な要素は

人気アーティストばかり起用していること。

 

 

要は「贅沢感」が感じられることが

人気の理由の1つです。

 

 

そしてその時その時

タイムリーにヒットしている

世間で関心が持たれた楽曲を

選定しています。

 

 

このただ有名人を使うだけでなく

視聴者のニーズに答えているところが、

短期間でたくさんの登録者を生み出した

最大の要因だと考えられます。

 

 

お客さんのニーズに答えることは

ビジネスではめちゃめちゃ大切。

 

 

ここで

ちょっと専門的なことを話しますね。

 

 

お客さんの声から

製品やサービスを作ることを

マーケットイン、

 

独自性や自分の強みを生かして

製品やサービスを作ることを

プロダクトアウトと言います。

 

 

製品やサービスを作る時は

どちらの考え方も必須。

 

 

しかし特に企業は

プロダクトアウトの考え方に偏りがち。

 

 

お客さんの声は聞かずに

自分たちの考えばかりを取り入れて

製品を作った結果、

全く売れなくて赤字なんてことも。。

 

 

 

 

ビジネスは課題解決です。

 

 

お客さんの悩みが分かるからこそ

解決に導けます。

 

 

悩みが分からないのにビジネスはできない。

 

 

僕は自分がビジネスするときはもちろんのこと、

お客さんと話す時やコンサル生にも

悩みのリサーチは徹底するように

言っています。

 

 

視聴者のニーズに沿った

アーティストや曲の選出により、

楽しめるコンテンツになっていることも

THE FIRST TAKEの魅力の1つです。

 

アーティストの素顔が見える!

 

アーティストの歌だけでなく、

人柄が見えて共感を感じられるところも

魅力の1つです。

 

 

例えばアーティストが

スタッフへ丁寧に挨拶していたり、

 

歌う前に気持ちを整えているシーン、

 

歌い終わった後のホット一息つくシーン

など

 

 

遠い存在であるアーティストが、

一人の人間として見えるシーンが

動画中にたびたび存在します。

 

 

また動画によっては

歌唱中にミスが見られることも。

 

 

人だから間違えるのは当然ですが、

こういった人間味あふれる部分が

アーティストから見られるのは

新鮮ですよね。

 

 

アーティストによっては

歌唱前後と歌唱中で

かなりギャップがある人もいます。

 

 

THE FIRST TAKEの動画中では、

 

PVやライブDVDなど

通常の音楽動画では見られない

楽しさ、味わいを感じられます。

 

人前にたつ人が絶対に持つべき〇〇の意識

 

最後、

プロの意識について。

 

 

出演者はたくさんの苦難を乗り越え、

たくさんの人の前で

パフォーマンスし続けてきた

プロばかりです。

 

 

そんな一流の人たちの立ち振る舞いを

見れるのはとても貴重です。

 

 

・なぜ人を魅了できるのか

 

・なぜ素晴らしい歌声を放てるのか

 

 

改めてプロとしての素質、

そして要素を知ることができる

とても学びであふれたコンテンツとも

捉えられます。

 

 

あ、今思い浮かびましたが、

一流の人たちの立ち振る舞いを見ることは

ブランディングの研究としても使えますね。

 

 

憧れを感じるのは

どういった要素が必要なのか?

 

っていう目線で見ることは特に大事。

 

 

僕たち情報発信者は

教える立場の人間です。

 

 

共感の前に憧れを感じてもらわなければ

お客さんはついてきてくれません。

 

 

そのためには

「自分はプロなんだ。」

という自信を持つ必要があります。

 

 

例えば新人の先生だからと言って、

生徒に向かって

 

「僕はまだ初心者なんで

何もできません、、」

 

なんて言われたら

頼りがいがないですよね。

 

 

ってかシンプルに困ります。笑

 

 

もちろん

そんな先生見たことありませんが。笑

 

 

先生だって初めからなんでもできる

スーパーマンみたいな

存在ではないですよね。

 

 

子供たちから頼られるように

「自分は教師なんだ。」

というプロ意識を持っています。

 

 

そして常日頃から勉強してインプット。

 

また子供たちに勉強を教えて

アウトプット。

 

 

これらを同時に繰り返し行っています。

 

 

ビジネスも全く同じ。

 

 

知識を入れるというインプット、

 

そしてお客さんと話したり

コンテンツを作るというアウトプット

 

この2つを同時にこなしていくことで

成長していきます。

 

 

だからこそビジネスを始めるなら、

初心者であってもまずは自信を持ちましょう。

 

プロ意識を持ちましょう。

 

 

この意識を持つだけで

取り組み方が変わってきます。

 

 

周りのライバルと

圧倒的に差がつけられます。

 

 

アーティストの皆さんを見習って、

僕もこれからはもっとプロ意識をもって

ビジネスに取り組んでいきます。

 

まとめ

 

今回の記事では、

人気YouTubeチャンネル

THE FIRST TAKEがヒットした理由を

マーケティングの視点から

分析してみました。

 

 

まとめると

 

・音声と動画に特化したTikTokは

THE FIRST TAKEの特徴を掴んだ

効果的なSNS集客である。

 

・動画が一発どりという臨場感により

視聴者を巻き込む

 

・視聴者のニーズに答えた

アーティスト、曲の選定。

 

・アーティストの素顔が見える共感要素。

 

・リアルにプロ意識が見える憧れ要素。

 

これらがTHE FIRST TAKEが

ヒットした理由だと考えられます。

 

 

上で紹介した5つの理由は

ビジネスでもめちゃめちゃ重要です。

 

 

そして自分に取り入れることで

ビジネスを一気に加速できるので

参考にして見てください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の無料メルマガでは

・ビジネス開始5ヶ月目で

60万円突破した

情報発信ビジネスのノウハウ

 

・忙しい会社員でも

効率よくビジネスを進める

スキマ時間活用方法

 

・数々の失敗から得た

ビジネス初心者がつまづくポイント

 

・お客さんから

「あなただから買いたい」

と言ってもらえる

ファンビジネスの原則

 

について発信しています。

 

 

メルマガに登録してくれた方には

 

初心者でも分かる

ビジネスの考え方や

収益化までの道筋をまとめた

3大特典を期間限定でプレゼント!

 

 

興味がある方は下の画像をクリックすると

登録ページに移ります。

 

 

 

3大特典の感想を一部載せますね。

 

 

※Ryoは僕りょーたの

前のペンネームです。

 

 

 

こちらはやりとりした

お客さんからの感想の一部です。

 

それではメルマガの中で

あなたとまたお会いできることを

楽しみにしています。(^ ^)

 

 

りょーた(Ryo)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です