与えるだけが価値提供ではない

 

今回は

 

価値提供しているはずなのに

お客さんが全然振り向いてくれません、、

 

と感じているそこのあなたに

読んでほしい記事です。

 

 

 

 

ビジネスは価値提供が大事!

 

 

多くの発信者が言っていることなので

知っている人は多いかなと思います。

 

 

だけど僕自身

お客さんに価値提供しているのに

全然収益化につながらなかったり、

 

 

ブログでたくさん

有益な情報を載せているのに

全く読まれていないことがありました。

 

 

今回は

与えるだけが価値提供じゃないよ

というお話をします。

 

削ってあげる優しさもときには大切

 

ブログやメルマガを書いていて、

 

この情報をいれたいな〜

この情報も有益だから一緒に伝えたいな〜

 

と、ついたくさんの情報を

入れがちではありませか?

 

 

以前の僕がまさにこれで、

お客さんにたくさん価値提供したい

という想いが強くなりすぎて

情報をたくさん入れがちでした。

 

 

これが実は落とし穴なんです。

 

 

お客さんに

たくさんの価値を届けたいという

気持ちはとても大切。

 

 

あなたの優しさという良い一面が

表れている証拠ですし、

とても素敵なことです。

 

 

だけど人は知らない情報が多すぎると

つまらなく感じてしまいます

 

 

 

 

例えば

初めて同じクラスになった

隣の席のA君が映画が趣味だと

聞いたとします。

 

Aくん

「俺さ、

アクション映画が好きなんだ。」

 

自分

「俺もアクション映画好きだよ!

スパイダーマン好き?

それともゴジラとか?

俺はパイレーツも好き!」

 

みたいに掘り下げたくなったり

自分の話をしたくなりますし、

 

Aくん=アクション映画が好き

 

と記憶に残りやすいですよね。

 

 

 

 

だけどもしAくんの好きな映画のジャンルが

めちゃめちゃ多かったとしたら、

 

Aくん

「俺映画が好きなんだけど、

特にアクションと恋愛と

SFとホラーが好きで、

洋画も邦画も見るんだよね。

 

ついでに行ったら

アニメやゲームや音楽も好きだよ!」

 

って言われたら

 

Aくん=とりあえずなんでも好き

 

という漠然としたイメージしか

頭に残りません。

 

 

要は情報量が多すぎると

記憶に残りにくいんです。

 

 

 

 

ビジネスで言えば、

 

ビジネスは

価値提供、

集客、

信頼構築、

リピーターの獲得、

ライティング、

人と話すこと、

‥、

‥、

‥、

(続く)

 

が大事だよ!

 

っていきなり言われたら

結局何からやっていいか

分かりませんよね。

 

 

 

 

僕は上で羅列したような

ビジネスで大事なことをブワーと話して

お客さんにポカンとされたことがありました、、

 

 

だからこそ1つないし2つくらいに絞って

話をすることが大事。

 

 

複数伝えたいことがあったら

分けて話をしましょう。

 

 

当たり前のように聞こえますよね。

 

 

だけどお客さんに

たくさんの価値を届けたいという

ギブ精神が豊富な人ほど

1つの話の中でたくさん盛り込みがちです。

 

 

ビジネスで大事なことは分かっているのに‥

 

価値をたくさん届けているのに

 

お客さんから

 

「この人は何を言っているか分からない‥」

 

「この人の話はつまらない‥」

 

って思われちゃったら

悲しいですよね。

 

 

だからこそ伝えたいことは

相手がほしい情報1つに絞り、

ピンポイントで届けましょう。

 

 

直接話す時であれば、

話の区切りや塊を意識して

1つ1つ丁寧に伝える

 

 

またメルマガやブログであれば、

1コンテンツにつき

1メッセージを意識すると

分かりやすくて面白い文章に

仕上がります。

 

 

 

 

知らない情報が多すぎると、

相手は何が大事なことなのかが

分からなくなります。

 

 

これが結局

つまらないという感情を引き起こし、

 

自分が一生懸命書いた文章が

読まれなかったりと

悪い事態を招くことに、、

 

 

 

価値提供するときは1つか2つに絞って

読者を気遣ってあげることが大事。

 

 

与えるだけでなく、

削ってあげる優しさもときには必要です。

 

 

どうしても絞りきれなかったら、

文章の最後に大事なポイントを

改めてまとめてあげる。

 

 

そうすることで

 

「この人は気遣いのできる人だな。」

 

と一目おいてもらえます。

 

 

まとめ

 

今回は

価値提供する際は相手がほしい情報を

ピンポイントで届けることが

大事って話でした。

 

 

ビジネスでは与えることに

意識が行きがち。

 

 

だけどときには

削ってあげる優しさも持ちましょう。

 

 

これも相手への配慮です。

 

 

今回の記事で話したことは

分かっている人は少ないので

ライバルと差をつけるチャンスです!

 

 

ぜひ活用してみてください。(^ ^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の無料メルマガでは

・ビジネス開始5ヶ月目で

60万円突破した

情報発信ビジネスのノウハウ

 

・忙しい会社員でも

効率よくビジネスを進める

スキマ時間活用方法

 

・数々の失敗から得た

ビジネス初心者がつまづくポイント

 

・お客さんから

「あなただから買いたい」

と言ってもらえる

ファンビジネスの原則

 

について発信しています。

 

 

メルマガに登録してくれた方には

 

初心者でも分かる

ビジネスの考え方や

収益化までの道筋をまとめた

3大特典を期間限定でプレゼント!

 

 

興味がある方は下の画像をクリックすると

登録ページに移ります。

 

 

 

3大特典の感想を一部載せますね。

 

 

※Ryoは僕りょーたの

前のペンネームです。

 

 

 

こちらはやりとりした

お客さんからの感想の一部です。

 

それではメルマガの中で

あなたとまたお会いできることを

楽しみにしています。(^ ^)

 

 

りょーた(Ryo)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です