第1回「かまくらZOOM会」学びのシャワー浴び過ぎて…

 

どうも、りょーたです。

 

先日僕が所属するかまくらで初めて

ZOOM会と称してをミーティング兼

ビジネスセミナーが

行われたのでご報告します。

 

タイトルの通り、

学びのシャワー浴びまくり!!!

 

数万円相当の有料級情報満載なので

楽しみながら読み進めてくれたら

嬉しいです!!!

 

ビジネスをする上でマジで大事なことを

出し惜しみせずにお伝えしますので

どんどん持ち帰ってください!!!

 

また、「かまくらって何?」

と思った方はこちらの記事で

お話しているので興味のある方は

読んで頂けたら嬉しいです。(^^)

僕が所属するかまくらとは…

 

それではZOOM会の内容をお話します。

商品はお客さんに変わってもらうための架け橋

 

ビジネスをするに当たって、

初心者が悩んでしまう問題のひとつ

 

それが、

「売れる商品がないけどどうしよう、、、」

と感じてしまうことです。

 

この問題の前に本来

考えなければいけないことが

2つあります。

 

それが

①どのような悩みをもった人に提供したいか

②提供することでその人にどうなってもらいたいか

 

ということです。

 

要は、

商品の『コンセプト』を作るということ。

 

この2点を考えずに商品を作ってしまうケースが多く、

大きな会社でもざらにいます。

 

例えば、

全くの英語初心者の子供のために

英語教育の書籍を販売したいとします。

 

その書籍の中身が

英語の文章だけぎっしり詰まっていて、

 

『このフレーズ全部覚えれば

あなたのお子さんは

完璧に英語が

できるようになります!!!』

 

みたいな内容だったらどうでしょうか?

 

いや待て待て待てと!

 

その前に考えることあるじゃん!!!

 

って僕だったら突っ込んでしまいます。

(笑)

 

間接否定でもう少し

やんわり否定しますけどね(笑)

 

 

確かに重要なフレーズが覚えられれば

英語ができるようになるかもしれません。

 

しかしそれって初心者を通過した後の

次の段階のお話です。

 

でもお客さんは本当に完璧な英語を

求めているのでしょうか?

 

ここで大事な事がお客さんの

「リサーチ」です。

 

今回の例で言えば、

子供に英語を学ばせたい人は誰なのか。

 

そして、

その人はどんな悩みを持っているのかを

商品を作る前に

調べておく必要があります。

 

 

僕が

全くの英語初心者の子供のために

英語教育の書籍するとしたら、

 

①どのような悩みをもった人に提供したいか

子供に英語を学ばせたいが

興味を持ってくれなくて

どうしてよいか悩んでいる主婦

 

②提供することでその人にどうなってもらいたいか

子供が楽しく英語を学べる環境を

作ってもらいたい!

 

と考えます。

 

 

①と②を明確にさせてから

商品を考えるとしたら

文章だけの書籍を販売しようとは

思わないですよね?

 

イラストや音声を用いたりとか、

子供が好きそうなアニメのキャラクターを

使ったりして、子供が興味をもって楽しく

英語に触れられるには

どうしたらよいのかな?

 

ってことを一生懸命考えます。

 

 

①と②について考えずにコストをかけて

商品を大量に製造したとして、

いざ販売を開始して全然売れなければ

会社としては大損害です。

 

(ネットビジネスであれば

商品コストをかけずに販売できますが、

またの機会に紹介します。)

 

 

お客さんのことを考え忘れるという過ちを

犯さないようにするためには、

 

商品はお客さんの悩みを解決するための架け橋

 

と考えると良いです。

 

 

ネットビジネスではTwitterの使い方が運命の分かれ道

 

ZOOM会ではTwitterの話題も挙がったので

共有します!

 

Twitterの役割は集客であり、

名前、プロフィール記事、ツイート

どれをとっても

見た人に興味を持ってもらうこと!!

 

 

そのためのポイントが下記の通りです。

 

 

実績を数字を使って

分かりやすく表記する

(あまりない人は他人の実績を借りる。)

 

例:

3ヶ月で利益450万円達成!

月収1000万円の大学生起業家に弟子入り中!

 

 

②「え!?どういうこと!?」と

思わせるような

意外性のある内容を盛り込む

 

例:

ビジネスの勉強に200万円投資しました!

※①の例も②に当てはまります。

 

 

理想の未来を語って共感をもらう

 

例:

会社に束縛されずにお金も自由な時間を

得ることができる方法があります!

 

 

④共通言語を使って具体的に語り

見た人に自分のこととして想像してもらう

 

例:

毎日会社と家の往復で疲れ果てていた

 

 

 

興味付けで大事な要素を

分かってもらえましたでしょうか?

 

もう一つ大事なことがあり、

これはプロフィール記事と

ツイートで意識するべきことです。

 

それは、

見た人にメリットはあるか

自分のこととして考えてもらえるか

 

ということです。

 

これらは上で話した③共感と④具体性に

関連しますね。

 

プロフィール記事やツイートを見てもらっても、

「ふ~ん、何かこの人面白そうなことやってるな」

としか感じてもらえなければ流されて終わりです。

 

そうではなく、

「自分でもこんな風になれるのかな~」と

想像しながら興味を持ってもらえたら

完璧です!!!

 

Twitterについて更に深堀した記事がこちら!

Twitter運用について解説します!!!

まとめ

 

今回のZOOM会の内容をまとめると、

 

 

①商品はお客さんの悩みを解決するための架け橋!

 

商品を作る前にコンセプトを考える

 

ポイント1.

どのような悩みをもった人に提供したいか

 

ポイント2.

提供することでその人にどうなってもらいたいか

 

ポイントを明確にするためには

お客さんの「リサーチ」が必須!!

 

 

②ツイッターの役割は集客!

 

興味を持たせつつ具体的に語り、

自分のこととして想像してもらう

 

盛り込む要素:

実績、意外性、理想の未来、共感

 

ということでした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の無料メルマガでは

・ビジネス開始5ヶ月目で

60万円突破した

情報発信ビジネスのノウハウ

 

・忙しい会社員でも

効率よくビジネスを進める

スキマ時間活用方法

 

・数々の失敗から得た

ビジネス初心者がつまづくポイント

 

・お客さんから

「あなただから買いたい」

と言ってもらえる

ファンビジネスの原則

 

について発信しています。

 

 

メルマガに登録してくれた方には

 

初心者でも分かる

ビジネスの考え方や

収益化までの道筋をまとめた

3大特典を期間限定でプレゼント!

 

 

興味がある方は下の画像をクリックすると

登録ページに移ります。

 

 

 

3大特典の感想を一部載せますね。

 

 

※Ryoは僕りょーたの

前のペンネームです。

 

 

 

こちらはやりとりした

お客さんからの感想の一部です。

 

それではメルマガの中で

あなたとまたお会いできることを

楽しみにしています。(^ ^)

 

 

りょーた(Ryo)

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です