2倍のスピードで文章が作れるとっておきの方法

 

こんにちは、りょーたです

 

 

今回は

ライティング強化訓練1日目を踏まえて、

2日目と3日目で実践した

効率よく文章を作る方法について

お話します。

 

 

この方法を実践したところ、

メルマガを2通作成するのに

6時間から3時間と2倍のスピードで

作れるようになりました。

 

思いつくまま書き出しとりあえず骨組みを作る

 

文章を早く作る1つ目のコツが

初めに文章全体の流れを作ること。

 

 

今までの僕は文章を作りながら

細かい言葉の表現や文の構成を

気にしていました。

 

ここに「、」を入れた方がいいかな?

 

ここで改行するべきかな?

 

この文とこの文は入れ替えた方がいいかな?

 

 

文章を作成しながら修正しても、

結局最終的な完成後も

修正したくなるので結局二度手間、、

 

 

だったら初めの文章作成時は

細かいところは気にせず、

とりあえず文章全体を作る。

 

そして全体像ができあがった後に

修正を加えることで、

ムダに時間をかけず

文章を作っていくことができます。

 

締め切り効果で全集中!

 

文章を早く作る2つ目のコツが

締め切り時間をもうけることです。

 

 

時間があるとついダラけてしまうもの。

 

 

1つの作業を終えるのに時間がかかったり、

取りかかるのが遅れがちになります。

 

 

例えば僕は会社員時代

よく報告書を作っていました。

 

 

来週までに作ればいいよ

と言われた報告書に対しては

 

「あと1週間あるから

まだやらなくていいや〜」

 

と基本後回ししがちでした。

 

 

しかし

 

「Ryo!

この件に関する報告書を

今日の午前中のうちに作っといてくれ!」

 

と依頼を受けたときには

極限まで集中して猛スピードで作成。

 

 

通常作成に2時間くらいかかる報告書を

30分以内に仕上げたこともあります。

 

 

人は追い込まれるほど集中できるものです。

 

 

この習性を利用して、

僕はあえてメルマガ作りに

期限とバツを設けました。

 

 

朝の9時から昼の12時までの

3時間でメルマガ2通仕上げる。

 

できなければお昼ご飯は抜き。

 

という制約を作りました。

 

 

また朝ごはんは食べないことで

さらに追い込みました。

 

 

結果、

ライティング強化訓練1日目は

メルマガ2通作るのに

6時間かかっていましたが、

2日目と3日目は3時間で作れました。

 

 

時間制限あるといかに効率よくこなすかを

頭フル回転で考えます。

 

 

また限られた時間で

質の高い文章を作るにはどうすればいいかも

意識するようになります。

 

その結果思考力アップにもなるということに

気がつきました。

 

 

締め切り効果は作業効率の向上と、

思考力の強化にとても役立ちます。

 

まとめ

 

最後にまとめます。

 

今回は効率よく文章を作る方法についてお話ししました。

 

初めに文章全体をざっくり作る

 

締め切り時間を設ける

 

この2点を実践することで

2倍のスピードで

文章を書くことができるので

ぜひ実践してみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の無料メルマガでは

・ビジネス開始5ヶ月目で

60万円突破した

情報発信ビジネスのノウハウ

 

・忙しい会社員でも

効率よくビジネスを進める

スキマ時間活用方法

 

・数々の失敗から得た

ビジネス初心者がつまづくポイント

 

・お客さんから

「あなただから買いたい」

と言ってもらえる

ファンビジネスの原則

 

について発信しています。

 

 

メルマガに登録してくれた方には

 

初心者でも分かる

ビジネスの考え方や

収益化までの道筋をまとめた

3大特典を期間限定でプレゼント!

 

 

興味がある方は下の画像をクリックすると

登録ページに移ります。

 

 

 

3大特典の感想を一部載せますね。

 

 

※Ryoは僕りょーたの

前のペンネームです。

 

 

 

こちらはやりとりした

お客さんからの感想の一部です。

 

それではメルマガの中で

あなたとまたお会いできることを

楽しみにしています。(^ ^)

 

 

りょーた(Ryo)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です